精美スキンケアクリニック【切らない最新医療レーザー・江戸川区 小岩の皮膚科】

タイコー出版
中国語
最新医療レーザー108台完備バナー
SNS
精美スキンケアクリニック
メール相談資料請求
切らない
キズ跡・ケロイド・手術跡・
火傷跡・肉割れ・妊娠線
最新レーザー治療
目立って隠せないキズ跡、火傷跡、気になりませんか?
今までは切ったり削ったり、長期間の薬の服用やテープを貼ったりと、身体や皮フに負担のかかる治療しかありませんでした。
当院では、切らずに当院開発の108台最新レーザー組み合わせ複合治療で、今までは難しいとされてきたキズ跡、ケロイド、肉割れ、妊娠線、他院で治療した手術跡(脂肪吸引・豊胸・腹腔鏡・内視鏡)、手首のキズ跡修正、火傷跡も切らずに治療が可能になりました。
■キズ跡の症状の分類
 *当院調べ
キズ跡・ケロイド・手術跡・火傷跡・肉割れ・妊娠線の最新レーザー治療

妊娠線・肉割れにおいては皮膚の断裂を減少させ、キズ跡は赤みを取り、ケロイドは盛り上がった肉芽(にくげ)をレーザーで縮小させる治療です。

こんな思いで悩んでいませんか?

交通事故やケガ、外傷・火傷・手術などで目立つキズ跡が残ってしまったり、その跡が赤く腫れあがってケロイドになってしまった場合、本人のみならず周囲の人たちまで見るだけで痛々しく、決して気持ちの良いものではありません。また、妊娠線や肉割れは、産休や急激に太ってしまった際、お腹全体からわき腹、胸、太もも、お尻部分が赤紫色から銀白色に変わっていきますが、元のお肌に戻ることはありません。
自然に治ることのないものは思い切って治療に踏み切らなければ、あなたを一生悩ませるでしょう。

チェックポイント!! どのような状態ですか?

赤く盛り上がる、いわゆるミミズ腫れ
白く平らだが、幅広いキズ跡
ひきつれを生ずる
表面がテラテラと光る
傷の合わせ目が段違いになる
産後もしくは急激に太って赤紫色や銀白色の縞模様がある
赤黒く凹んだキズ跡
盛り上がったキズ跡
キズ跡の色が白い
キズ跡が黒ずんでいる

以上のうち一つでも気になる項目があれば早期予防をお勧めします。

●日常生活に潜む悪化の原因
キズ跡・妊娠線・肉割れ・ケロイド・手術跡・火傷跡は次の様な要因から悪化するケースがあります。

●ストレス
肉体的、精神的ストレスが続くと、悪化することも。ストレスを溜めないよう、趣味を楽しんだり、リラックスできる環境を作ることが大切です。

●食生活
肉類や脂肪分の多い食事の摂り過ぎは、症状を悪化させてしまいがちです。高脂肪、高カロリーの食事を避け、バランスの取れた食生活を心掛けましょう。

●感染
風邪や虫歯などが原因で悪化することも。普段から免疫力を高めるとともに、うがいや手洗いなども習慣づけて、日頃から風邪対策を心がけましょう。

●薬物
何種類かの薬を服用することで、悪化することがあります。服用する前には、医師に相談するようにしましょう。


これらは年齢とともにひどくなっていくばかりです。
放置していても決して良くなることはありません。
あきらめていた方も自分一人で悩まずに思い切ってご相談ください。
切らないキズ跡・ケロイド・手術跡・火傷跡・肉割れ・妊娠線
最新レーザー108台複合治療
豊富なレーザーと治療実績で腹腔鏡跡、内視鏡跡、手首のキズ跡に対応!
今までは切ったり削ったり、長時間の薬の服用やテープを貼ったりと、身体や皮フに負担のかかる治療しかありませんでした。当院では、最新のレーザーで今まで難しいとされてきた肉割れ、妊娠線、他院で治療した手術のキズ跡(脂肪吸引・豊胸・腹腔鏡・内視鏡)、手首のキズ跡修正も切らずに治療が可能になりました。

これらは年齢とともにひどくなっていくばかりです。放置していても決して良くなる事はありません。これ以上は無理とあきらめていた方も、お気軽にご相談ください。
【治療内容】
※治療内容、治療等の主な副作用・リスクは写真下に記載しております。

*肌質や症状によって効果に個人差があります。

■傷跡治療について

損傷を受けた皮膚の細胞をレーザーで取り除き、正常な細胞を蘇らせることにより、傷跡・妊娠線・肉割れ・ケロイド・手術跡を目立たなくする治療法です。

※必要な治療回数や効果などは疾患および症状により異なります。
※肌質や症状によって効果に個人差があります。

【副作用・リスクについて】

●ダウンタイムについて
ダウンタイムとは、レーザー治療を施してから、肌が通常の状態まで回復するまでの期間のことです。
レーザー治療は刺激が強く、治療後の肌は、外部からの刺激に対する防御力が著しく低下している状態になりますので紫外線対策が重要になります。また、乾燥肌や敏感肌の方は、痛みやかゆみなどの肌の炎症を起こす可能性があります。

※肌質や症状によって個人差があります。

●赤み・痛みについて
レーザーの刺激によって、肌は一時的にダメージを受けた状態になります。
治療後には、周囲に赤みと、ヒリヒリとした痛みが発生しますが、この赤みや痛みは後には消えます。
患部を保護するために、塗り薬や絆創膏を貼り付けるなどの適切な処置を行っています。

※肌質や症状によって個人差があります。

●かさぶたについて
レーザー照射後は、破壊された色素がかさぶた状態になり、その後は皮膚が本来持っている「傷を回復させ、新しい表皮をつくって肌表面に押し上げる働き」によって、皮膚のターンオーバーが活性化されます。そのため、一時的に色が濃く見えるなど、患部に違和感を感じることがあります。

※肌質や症状によって効果に個人差があります。


*肌質や症状によって効果に個人差があります。

■妊娠線治療について

損傷を受けた皮膚の細胞をレーザーで取り除き、正常な細胞を蘇らせることにより、傷跡・妊娠線・肉割れ・ケロイド・手術跡を目立たなくする治療法です。

※必要な治療回数や効果などは疾患および症状により異なります。
※肌質や症状によって効果に個人差があります。

【副作用・リスクについて】

●ダウンタイムについて
ダウンタイムとは、レーザー治療を施してから、肌が通常の状態まで回復するまでの期間のことです。
レーザー治療は刺激が強く、治療後の肌は、外部からの刺激に対する防御力が著しく低下している状態になりますので紫外線対策が重要になります。また、乾燥肌や敏感肌の方は、痛みやかゆみなどの肌の炎症を起こす可能性があります。

※肌質や症状によって個人差があります。

●赤み・痛みについて
レーザーの刺激によって、肌は一時的にダメージを受けた状態になります。
治療後には、周囲に赤みと、ヒリヒリとした痛みが発生しますが、この赤みや痛みは後には消えます。
患部を保護するために、塗り薬や絆創膏を貼り付けるなどの適切な処置を行っています。

※肌質や症状によって個人差があります。

●かさぶたについて
レーザー照射後は、破壊された色素がかさぶた状態になり、その後は皮膚が本来持っている「傷を回復させ、新しい表皮をつくって肌表面に押し上げる働き」によって、皮膚のターンオーバーが活性化されます。そのため、一時的に色が濃く見えるなど、患部に違和感を感じることがあります。

※肌質や症状によって効果に個人差があります。


*肌質や症状によって効果に個人差があります。

■ケロイド治療について

損傷を受けた皮膚の細胞をレーザーで取り除き、正常な細胞を蘇らせることにより、傷跡・妊娠線・肉割れ・ケロイド・手術跡を目立たなくする治療法です。

※必要な治療回数や効果などは疾患および症状により異なります。
※肌質や症状によって効果に個人差があります。

【副作用・リスクについて】

●ダウンタイムについて
ダウンタイムとは、レーザー治療を施してから、肌が通常の状態まで回復するまでの期間のことです。
レーザー治療は刺激が強く、治療後の肌は、外部からの刺激に対する防御力が著しく低下している状態になりますので紫外線対策が重要になります。また、乾燥肌や敏感肌の方は、痛みやかゆみなどの肌の炎症を起こす可能性があります。

※肌質や症状によって個人差があります。

●赤み・痛みについて
レーザーの刺激によって、肌は一時的にダメージを受けた状態になります。
治療後には、周囲に赤みと、ヒリヒリとした痛みが発生しますが、この赤みや痛みは後には消えます。
患部を保護するために、塗り薬や絆創膏を貼り付けるなどの適切な処置を行っています。

※肌質や症状によって個人差があります。

●かさぶたについて
レーザー照射後は、破壊された色素がかさぶた状態になり、その後は皮膚が本来持っている「傷を回復させ、新しい表皮をつくって肌表面に押し上げる働き」によって、皮膚のターンオーバーが活性化されます。そのため、一時的に色が濃く見えるなど、患部に違和感を感じることがあります。

※肌質や症状によって効果に個人差があります。


*肌質や症状によって効果に個人差があります。

■傷跡治療について

損傷を受けた皮膚の細胞をレーザーで取り除き、正常な細胞を蘇らせることにより、傷跡・妊娠線・肉割れ・ケロイド・手術跡を目立たなくする治療法です。

※必要な治療回数や効果などは疾患および症状により異なります。
※肌質や症状によって効果に個人差があります。

【副作用・リスクについて】

●ダウンタイムについて
ダウンタイムとは、レーザー治療を施してから、肌が通常の状態まで回復するまでの期間のことです。
レーザー治療は刺激が強く、治療後の肌は、外部からの刺激に対する防御力が著しく低下している状態になりますので紫外線対策が重要になります。また、乾燥肌や敏感肌の方は、痛みやかゆみなどの肌の炎症を起こす可能性があります。

※肌質や症状によって個人差があります。

●赤み・痛みについて
レーザーの刺激によって、肌は一時的にダメージを受けた状態になります。
治療後には、周囲に赤みと、ヒリヒリとした痛みが発生しますが、この赤みや痛みは後には消えます。
患部を保護するために、塗り薬や絆創膏を貼り付けるなどの適切な処置を行っています。

※肌質や症状によって個人差があります。

●かさぶたについて
レーザー照射後は、破壊された色素がかさぶた状態になり、その後は皮膚が本来持っている「傷を回復させ、新しい表皮をつくって肌表面に押し上げる働き」によって、皮膚のターンオーバーが活性化されます。そのため、一時的に色が濃く見えるなど、患部に違和感を感じることがあります。

※肌質や症状によって効果に個人差があります。


*肌質や症状によって効果に個人差があります。

■傷跡治療について

損傷を受けた皮膚の細胞をレーザーで取り除き、正常な細胞を蘇らせることにより、傷跡・妊娠線・肉割れ・ケロイド・手術跡を目立たなくする治療法です。

※必要な治療回数や効果などは疾患および症状により異なります。
※肌質や症状によって効果に個人差があります。

【副作用・リスクについて】

●ダウンタイムについて
ダウンタイムとは、レーザー治療を施してから、肌が通常の状態まで回復するまでの期間のことです。
レーザー治療は刺激が強く、治療後の肌は、外部からの刺激に対する防御力が著しく低下している状態になりますので紫外線対策が重要になります。また、乾燥肌や敏感肌の方は、痛みやかゆみなどの肌の炎症を起こす可能性があります。

※肌質や症状によって個人差があります。

●赤み・痛みについて
レーザーの刺激によって、肌は一時的にダメージを受けた状態になります。
治療後には、周囲に赤みと、ヒリヒリとした痛みが発生しますが、この赤みや痛みは後には消えます。
患部を保護するために、塗り薬や絆創膏を貼り付けるなどの適切な処置を行っています。

※肌質や症状によって個人差があります。

●かさぶたについて
レーザー照射後は、破壊された色素がかさぶた状態になり、その後は皮膚が本来持っている「傷を回復させ、新しい表皮をつくって肌表面に押し上げる働き」によって、皮膚のターンオーバーが活性化されます。そのため、一時的に色が濃く見えるなど、患部に違和感を感じることがあります。

※肌質や症状によって効果に個人差があります。


*肌質や症状によって効果に個人差があります。

■傷跡治療について

損傷を受けた皮膚の細胞をレーザーで取り除き、正常な細胞を蘇らせることにより、傷跡・妊娠線・肉割れ・ケロイド・手術跡を目立たなくする治療法です。

※必要な治療回数や効果などは疾患および症状により異なります。
※肌質や症状によって効果に個人差があります。

【副作用・リスクについて】

●ダウンタイムについて
ダウンタイムとは、レーザー治療を施してから、肌が通常の状態まで回復するまでの期間のことです。
レーザー治療は刺激が強く、治療後の肌は、外部からの刺激に対する防御力が著しく低下している状態になりますので紫外線対策が重要になります。また、乾燥肌や敏感肌の方は、痛みやかゆみなどの肌の炎症を起こす可能性があります。

※肌質や症状によって個人差があります。

●赤み・痛みについて
レーザーの刺激によって、肌は一時的にダメージを受けた状態になります。
治療後には、周囲に赤みと、ヒリヒリとした痛みが発生しますが、この赤みや痛みは後には消えます。
患部を保護するために、塗り薬や絆創膏を貼り付けるなどの適切な処置を行っています。

※肌質や症状によって個人差があります。

●かさぶたについて
レーザー照射後は、破壊された色素がかさぶた状態になり、その後は皮膚が本来持っている「傷を回復させ、新しい表皮をつくって肌表面に押し上げる働き」によって、皮膚のターンオーバーが活性化されます。そのため、一時的に色が濃く見えるなど、患部に違和感を感じることがあります。

※肌質や症状によって効果に個人差があります。


*肌質や症状によって効果に個人差があります。

■傷跡治療について

損傷を受けた皮膚の細胞をレーザーで取り除き、正常な細胞を蘇らせることにより、傷跡・妊娠線・肉割れ・ケロイド・手術跡を目立たなくする治療法です。

※必要な治療回数や効果などは疾患および症状により異なります。
※肌質や症状によって効果に個人差があります。

【副作用・リスクについて】

●ダウンタイムについて
ダウンタイムとは、レーザー治療を施してから、肌が通常の状態まで回復するまでの期間のことです。
レーザー治療は刺激が強く、治療後の肌は、外部からの刺激に対する防御力が著しく低下している状態になりますので紫外線対策が重要になります。また、乾燥肌や敏感肌の方は、痛みやかゆみなどの肌の炎症を起こす可能性があります。

※肌質や症状によって個人差があります。

●赤み・痛みについて
レーザーの刺激によって、肌は一時的にダメージを受けた状態になります。
治療後には、周囲に赤みと、ヒリヒリとした痛みが発生しますが、この赤みや痛みは後には消えます。
患部を保護するために、塗り薬や絆創膏を貼り付けるなどの適切な処置を行っています。

※肌質や症状によって個人差があります。

●かさぶたについて
レーザー照射後は、破壊された色素がかさぶた状態になり、その後は皮膚が本来持っている「傷を回復させ、新しい表皮をつくって肌表面に押し上げる働き」によって、皮膚のターンオーバーが活性化されます。そのため、一時的に色が濃く見えるなど、患部に違和感を感じることがあります。

※肌質や症状によって効果に個人差があります。


*肌質や症状によって効果に個人差があります。

■妊娠線治療について

損傷を受けた皮膚の細胞をレーザーで取り除き、正常な細胞を蘇らせることにより、傷跡・妊娠線・肉割れ・ケロイド・手術跡を目立たなくする治療法です。

※必要な治療回数や効果などは疾患および症状により異なります。
※肌質や症状によって効果に個人差があります。

【副作用・リスクについて】

●ダウンタイムについて
ダウンタイムとは、レーザー治療を施してから、肌が通常の状態まで回復するまでの期間のことです。
レーザー治療は刺激が強く、治療後の肌は、外部からの刺激に対する防御力が著しく低下している状態になりますので紫外線対策が重要になります。また、乾燥肌や敏感肌の方は、痛みやかゆみなどの肌の炎症を起こす可能性があります。

※肌質や症状によって個人差があります。

●赤み・痛みについて
レーザーの刺激によって、肌は一時的にダメージを受けた状態になります。
治療後には、周囲に赤みと、ヒリヒリとした痛みが発生しますが、この赤みや痛みは後には消えます。
患部を保護するために、塗り薬や絆創膏を貼り付けるなどの適切な処置を行っています。

※肌質や症状によって個人差があります。

●かさぶたについて
レーザー照射後は、破壊された色素がかさぶた状態になり、その後は皮膚が本来持っている「傷を回復させ、新しい表皮をつくって肌表面に押し上げる働き」によって、皮膚のターンオーバーが活性化されます。そのため、一時的に色が濃く見えるなど、患部に違和感を感じることがあります。

※肌質や症状によって効果に個人差があります。

患者様Q&A
小岩 皮膚科 精美スキンケアクリニック
無料相談資料請求
上へ戻る
トップページ
生体エネルギーレーザー治療 ソーシャルメディア公式アカウント いきいきワクワク情報ブログ 精美スキンケアクリニックのフェイスブックページ 手の老化 ワキガレーザー治療 託児所のご案内 クリニックへのアクセス 書籍 書籍 書籍 書籍 書籍 書籍 書籍 Q&A 動画によるクリニック紹介 思春期のワキガ 思春期の脱毛 思春期のアザ 思春期の白斑 思春期のニキビ オリジナルヒアルロン酸注入 院長ブログ 江戸川区小岩の皮膚科 音声案内 未成年の方へ 「いい病院2013」で紹介されました
認定適正医療機関
メール相談
資料請求
閉じる
エネルギーバナー
エネルギーバナー
エネルギーバナー
エネルギーバナー